マンチェスター・ユナイテッド大学

マンチェスターユナイテッド専門ブログ。試合結果や分析コラム、選手情報や移籍情報など。独自の目線で【赤い悪魔】の魅力をお伝えします!

マンチェスターユナイテッド大学

【21-22PL第36節】ブライトン戦が今シーズンワースト試合となった理由【マンチェスター・ユナイテッド】

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

こんにちはMasaユナイテッドです。

 

21-22プレミアリーグ第36節 アウェイ、アメックス・スタジアムでブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦したユナイテッド。試合は低調な立ち上がりのユナイテッドに対して、ホームのブライトンがボールを握る展開に。15分にはモイセス・カイセドのミドルシュートが決まりブライトンが先制します。ユナイテッドは後半開始と同時にフレッジカバーニを投入。システムを4-2-2-2へ変更します。しかしブライトンの勢いは増し、49分にククレジャ、57分グロス、60分トロッサールと立て続けに得点を上げ、4-0とユナイテッドを突き放します。それ以降はブライトンが引いたためにカバーニ、ブルーノ、マグワイアがゴールに迫りますが決められず。試合は4-0でブライトンが快勝を飾っています

 

*この試合のハイライトはこちら

今シーズンワーストの試合と言っても過言ではないパフォーマンスとなったブライトン戦今回は、なぜこのようなパフォーマンスになったのか、その要因を考察します!

 

以下項目です。

続きを読む

【21-22PL第35節】ブレントフォード戦に見るユナイテッドを去りゆく者と残る者【新陳代謝】

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

こんにちはMasaユナイテッドです。

 

21-22プレイアリーグ第35節 ホームでブレントフォードと対戦したユナイテッド。試合は9分に、エランガのクロスに合わせたブルーノの得点でユナイテッドが先制する展開に。ユナイテッドはポゼッションで上回り、再三ロナウドがチャンスを迎えますが、オフサイド判定などもありゴールに至りません。しかし、ロナウド、マタ、ブルーノの絡む創造性あふれたアタックはホームのサポーターを沸かせました。61分にはロナウドがボックス内でヘンリーに倒されPKの判定に。これをロナウドがしっかり決めてリードを広げます。さらに72分にはコーナーキックからヴァランが加入後初ゴールを決めて3点目を奪い試合を決定付けます。75分にはカバーニとジョーンズを投入し3バックに変更しクリーンシートを目指します。そのままブレントフォードの攻撃を退け、3-0でユナイテッドが勝利。ホーム最終戦を文句のつけようのないパフォーマンスで白星を飾りました。

 

*試合のハイライトはこちら

www.manutd.com

今回は、ホーム最終戦となったブレントフォード戦を、今シーズンでユナイテッドを去る選手、来シーズンも残る選手、現時点でははっきりしない選手に分けて振り返ります!

以下項目です。

続きを読む

【21-22PL第37節】チェルシー戦に見るユナイテッドのジェネレーション・ギャップとは!?

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

こんにちはMasaユナイテッドです。

 

21-22プレミアリーグ第37節(前倒し分) ホームでチェルシーと対戦したユナイテッド。試合は開始からチェルシーが右サイドを中心にチャンスを作り出す展開に。右サイドのリース・ジェームズを中心に、何度かハバーツが至近距離からシュートを放ちますがデ・ヘアが対応。なんとか前半を無失点で折り返します。後半になってもユナイテッドはチェルシーのポゼッションに対応できず。60分には左右に揺さぶられ、最後はマルコス・アロンソに豪快なボレーシュートを決められ先制を許します。しかし62分、すぐさまロナウドが同点弾を決め試合を振り出しにもどします。その後チェルシールカクとプリシッチを、ユナイテッドはマタとジョーンズ、アディショナルタイムには17歳のアレハンドロ・ガルナチョをトップデビューさせますが両者決定的なチャンスは作れず。試合は1-1のドローに終わっています。

 

*試合のハイライトはこちら

www.manutd.com

今回はチェルシー戦で見られたパフォーマンスから、ユナイテッドのジェネレーション・ギャップについて見てみたいと思います。世代間の問題から見えるユナイテッドの課題についてまとめます!

以下項目です。

続きを読む

【21-22PL第34節】アーセナルvsマンチェスター・ユナイテッド 4つのトピックスで振り返る!

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

こんにちはMasaユナイテッドです。

 

21-22プレミアリーグ第34節 アウェイ、エミレーツ・スタジアムアーセナルと対戦したユナイテッド。試合は開始3分でお粗末な守備からタヴァレスに決められアーセナルに先制される展開に。さらに30分にはエンケティアのゴールがオフサイドで取り消されますが、その直前のテレスがボックス内でサカを倒したシーンをファールに取られPKの判定に。これをサカが決めて2点目を献上します。しかし34分、マティッチのクロスにロナウドが合わせて1点返し、さらに後半にはいった56分、タヴァレスにハンドがありユナイテッドにPKが与えられ同点のチャンスが巡ってきます。ところがこれをブルーノが失敗。さらに61分にはネットを揺らしたロナウドのゴールもオフサイドで取り消されてしまいます。すると70分、ジャカにミドルシュートを決められ3失点目。ユナイテッドはラッシュフォード、リンガード、マタを投入しますが及ばず。試合は3-1でホームのアーセナルが勝利しました。

 

*試合のハイライトはこちら

www.manutd.com

今回はこの試合を4つのトピックスで振り返ります!

以下項目です。

続きを読む

【21-22PL第30節】リバプールvsマンチェスター・ユナイテッド ~ライバルと呼べる日まで~【コラム】

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

こんにちはMasaユナイテッドです。

 

21-22プレミアリーグ第30節(延期分) アウェイ、アンフィールドリバプールと対戦したユナイテッド。試合は5バックで臨んだユナイテッドでしたが、開始5分でサラーのクロスからディアスに決められ失点。さらに10分にはポグバが足を負傷し、リンガードと交代するアクシデントも発生します。さらに22分には素晴らしいマネのパスに抜け出したサラーが決めて2点目。ユナイテッドはさらに苦しくなります。後半開始と共にジョーンズを下げ、サンチョを投入。システムをいつもの4-2-3-1に戻したユナイテッドはハイプレスとサンチョの仕掛けからリズムを掴むかに思われました。しかし68分に今度はマネに決められ3失点。ユナイテッドは84分に闘争心溢れるハンニバルを投入しますが、直後に再びサラーに決められ4点目。ユナイテッドはライバル、リバプール相手になす術なく4-0で敗れました。

 

*この試合のハイライトはこちら

www.manutd.com

 

今回はこの試合のレビューをコラム形式で。ラングニック監督の采配と選手のメンタリティ、そしてリバプールとの関係について書きます!

以下項目です。

続きを読む
プライバシーポリシー お問い合わせ