マンチェスター・ユナイテッド大学

マンチェスターユナイテッド専門ブログ。試合結果や分析コラム、選手情報や移籍情報など。独自の目線で【赤い悪魔】の魅力をお伝えします!

マンチェスターユナイテッド大学

【21-22PL第13節】チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッド マッチレビュー

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

こんにちはMasaユナイテッドです。

 

21-22プレミアリーグ第12節 アウェイ、スタンフォード・ブリッジチェルシーと対戦したユナイテッド。試合は開始からユナイテッドがハイプレスを仕掛けますが、圧倒的クオリティを持つチェルシーがボールを握りゲームをコントロールします。前半は0-0で折り返しますが、後半50分、チェルシーコーナーキックからのカウンターでサンチョが抜け出しキーパーと1対1に。これを冷静に流し込みユナイテッドが先制します。しかし69分、ボックス内でワン=ビサカがチアゴ・シウバを蹴ってしまいPKの判定に。これをジョルジーニョが決めてチェルシーが同点に追いつきます。お互いに選手交代から得点を目指しますが両者決められず。試合は1-1のドローに終わりました

 

*ハイライトはこちら

www.manutd.com

今回はこの試合のマッチ・レビューです。ユナイテッドの戦い方を中心に、キャリック暫定監督第2戦を解説します!

以下項目です。

続きを読む

ラルフ・ラングニック氏 ユナイテッド暫定監督就任?!ラングニックがもたらすものとは?

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

こんにちはMasaユナイテッドです。

 

11月26日、急転直下、衝撃のニュースが飛び込んできました。「The Athletics」の記者、デイビッド・オースティン氏が

マンチェスター・ユナイテッドラルフ・ラングニック氏を今シーズン終了までの暫定監督として招聘することが濃厚となった」

と報じました。スールシャール監督の解任に伴い、後任の監督に関しては様々な憶測が流れ、その候補の1人としてラングニック氏の名前があったのも確かです。しかし、理想的ではあっても現実的ではないと見る向きも多かった...。

www.soccer-king.jp

ところが一転、暫定監督として指揮した後、2年間アドバイザー(コンサルタント)としてクラブに留まるという条件で合意したと報じられています。正式発表はまだ行われていませんが、ラングニック氏は現在ロコモティフ・モスクワの開発責任者を務めており、この契約の解除がロコモティフと合意し、労働ビザが下りた段階で発表される見通しです。12月2日(木)にアーセナル戦を控えていますが、その前ぐらいには正式に決まるのではないかとみられます。

 

今回はラングニック氏の経歴や指向するプレースタイルを簡単に紹介し、ユナイテッドへどのように適応させるのか、またユナイテッドでのラングニック氏の役割について考察します。

以下項目です。

続きを読む

【21-22CL/GSラウンド5】ビジャレアルvsマンチェスター・ユナイテッド キャリック采配を徹底解説!

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

こんにちはMasaユナイテッドです。

 

21-22チャンピオンズ・リーグ グループステージ5回戦 アウェイ、エスタディオ・デ・ラ・セラミカでビジャレアルと対戦したユナイテッド。先日のスールシャール監督解任を受けて、暫定監督に就任したマイケル・キャリック監督の初采配となったこの試合。前半からホームのビジャレアルがゲームを支配しますが、ユナイテッドも整備されたハイプレスで決定的なチャンスは作らせません。後半に入り、さらにビジャレアルに押し込まれますが、ユナイテッドは66分にブルーノとラッシュフォードを投入。すると流れが一気に変わり、ユナイテッドがハイプレスから主導権を握り返します。そして78分、ネガトラの場面でフレッジがボールを奪いロナウドへ。これをロナウドが技ありのループシュートで決めてユナイテッドが先制します。さらに90分にはサンチョのクラブ初ゴールが決まり0-2でユナイテッドが勝利!グループステージ首位通過を決めています。

*この試合のハイライトはこちら

www.manutd.com

今回は、この試合で監督デビューを果たしたマイケル・キャリック監督の采配を分析、解説します!スールシャール前監督と何が変わったのか。この試合でキャリックがやりたかったことは何なのかなどについて考察しました。

 

以下項目です。

続きを読む

【21-22PL第12節】ワトフォード戦レビューとスールシャール監督解任【マンチェスター・ユナイテッド】

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

こんにちはMasaユナイテッドです。

 

21-22プレミアリーグ第12節 アウェイ、ヴィカレージ・ロードでワトフォードと対戦したユナイテッド。試合は7分にPKを取られますが、このPKをデ・ヘアがやり直しも含めて2度セーブする熱狂的なスタートに。しかしユナイテッドのパフォーマンスは低調で、前半のうちにキングとサールに決められ2失点します。後半、ファン・デ・ベークとマルシャルを投入し、システムを4-3-3に変更したユナイテッドは50分にそのファン・デ・ベークのゴールで1点返します。しかし、69分にマグワイアが2枚目のイエローで退場になり、アディショナルタイムにはジョアン・ペドロとデニスにゴールを決められ万事休す。4-1で格下のワトフォードに敗れる結果となりました。

 

*試合のハイライトはこちら

www.manutd.com

今回はこの試合のざっくり総括と、試合の翌日11月21日に解任となったスールシャール監督に関する記事です!

以下項目です。

続きを読む

【21-22PL第11節】絶望のマンチェスター・シティ戦 ユナイテッドに対する3つの批判

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

こんにちはMasaユナイテッドです。

 

21-22プレミアリーグ第11節 ホームでマンチェスター・シティとのマンチェスター・ダービーに臨んだユナイテッド。試合は開始7分でカンセロのクロスをクリアしようとしたバイリーのオウンゴールでシティがあっさり先制します。ユナイテッドはロナウドの惜しいシュートなどもありましたが、攻撃は単発で終始シティがボールを握る展開に。そして45分、カンセロの裏への浮き球にベルナルド・シルバが詰めてゴール。2点目を奪います。後半開始と共にユナイテッドはバイリーを下げてサンチョを投入。システムを4-2-3-1に戻しますが、主導権を奪い返すことはできません。ラッシュフォードやファン・デ・ベークを投入しますが、何もできないまま、ダービーに0-2で敗れるという屈辱の試合となりました。

 

*試合のハイライトはこちら

www.manutd.com

今回はシティ戦を通して、現状のユナイテッドに対して批判をぶつけようと思います。これは今現在、私が個人的に感じていることです。一(いち)サポーターの意見だと思って読んで頂けると幸いです!

 

以下項目です。

続きを読む
プライバシーポリシー お問い合わせ