マンチェスター・ユナイテッド大学

マンチェスターユナイテッドのコラムやマッチレポート、移籍情報など。【赤い悪魔】の魅力をお伝えします!

マンチェスターユナイテッド大学

【マンチェスター・ユナイテッド】歴代最強スカッドはどれだ!? Vol.1 【02-03シーズン】

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

こんにちはMasaユナイテッドです。

 

*この記事は2020年3月にnoteで公開しました。

 

今回は、私が見てきた中での、マンチェスター・ユナイテッドの歴代最強スカッドとして、02-03シーズンを紹介します

私は00-01シーズンからユナイテッドを見ていますが、「このシーズンのユナイテッドは強かったなぁ」と思うスカッドが3つあります。

順次紹介していきますが、今回は02-03シーズンを、3つの項目で評価していきます。

項目は以下です。

①ラインナップ フォーメーション

最初の項目は、ラインナップとフォーメーション です。このシーズンの基本フォーメーション は以下。

f:id:masachesterutd:20200415214624p:plain

シーズン前にデニス・アーウィンドワイト・ヨーク、ロニー・ヨンセンが退団。新加入はリーズ・ユナイテッドから3000万ポンドで加入したリオ・ファーディナンド当時23歳でした。

フォーメーションは、4-4-2、4-5-1、4-4-1-1を主に使用。中盤の「4」は、フラット4(ベロンをSHで使う場合)の時もあれば、ウィングシステム(ギグスベッカムの両翼)の時もあり、この辺りはファーガソンらしいシステムですね。

このシーズンのフォーメーションの特徴は、

 

スコールズセカンドトップでしょう。

 

名MFとしての印象が強いスコールズですが、02-03シーズンはセカンド・トップとしてファン・ニステルローイとコンビを組みゴールを量産しています。

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

写真:セカンドトップで躍動したスコールズ

 

しかし、個人的な印象では、セカンドトップはあくまで限定的な使い方で、シーズンの序盤から中盤戦で多く見られました。この起用法は、ベロンとの共存の試みたのだったと思います。実際ベロンに失格の刻印が押された終盤戦は、スコールズは中盤での出場がほとんどです。

f:id:masachesterutd:20200415214644p:plain

出場数トップ5は以下の通りです。

シルベストル 54試合
ギグス 52試合
ファン・ニステルローイ 50試合
バルテズスコールズ 46試合
ベッカム、リオ 45試合

その他の主な在籍メンバーは

フォルラン(FW)、キャロル(GK)、フォーチュン(MF)、リカルド(GK)、フレッチャー(MF)、リチャードソン(MF)

などがいました。

ラインナップとフォーメーション を点数評価すると
90点/100点

です。フォーメーション 的には革新的要素もあり、バランスも良かったですが、タレント的には欲を言えば、バックラインにもう少しワールドクラスのタレントが欲しかったかなと。

②シーズン・スタッツ

f:id:masachesterutd:20200415214708p:plain

02-03 シーズンテーブル

引用:TransferMarkt

続いて、シーズン・スタッツ。

 

2シーズン振りに、プレミア王者に返り咲いた02-03シーズン。リーグ戦では25勝8分5敗の勝ち点83でフィニッシュしてますが、3節から35節まではアーセナルが首位をキープしていました。残り3節でユナイテッドが首位に立ち、アーセナルに5ポイント差をつけて逆転優勝しました。得点74は、アーセナルの85に及びませんでしたが、失点34はリーグ最少。堅守が際立ったシーズンとして記録されています。

その他、FAカップでは5回戦でアーセナルに敗れ敗退(この時、ベッカム・スパイク事件が勃発!)。リーグ・カップでは決勝でリヴァプールに敗れ準優勝でした。CLではレアルに敗れベスト8に終わっています。

www.football-zone.net

このように、歴代最強を名乗るには、タイトル数的に物足りないシーズンだったのは確かですが、リーグ戦の後半の「まくり」は、これぞユナイテッドという印象で、すごく記憶に残っているシーズンです。

ベッカムのラストシーズンで、来シーズンからロナウドが加入するということもあり、古き良き時代のユナイテッドのラストシーズンと言えます。そして、このシーズンで培った堅守をベースに、ファーガソンの第2黄金期を迎えていきます。そういった意味でも転換期のシーズンですね。

 

シーズンスタッツの点数は
80点/100点

 

う〜ん。物足りないか…?

③タクティクス

最後は戦術部門です。

 

このシーズンのユナイテッドは、これまでの、【3点取られても4点取って勝つ】というスタイルから脱却し、堅守速攻色が強くなったシーズンでした。具体的に見ていきましょう。

3-1 ディフェンス

先述したように、このシーズンは失点34で堅守をベースに戦ったシーズンです。01-02シーズンは、ブランを軸に、ヨンセンや、若手のブラウンをCBに起用し、45失点していますから、かなりの改善と言えます。その要因は

✅リオの加入
✅ブラウン、オシェイの成長
✅DMFにバットやフィル・ネビルを起用

の3点が挙げられます。

特に、当時のイングランドの移籍金最高額の3000万ポンドで、リーズからやってきたリオ・ファーディナンドは、衰えの見えるブランに代わって(ブランはシーズン終了後引退)、加入初年度からディフェンスラインを統率しました。その後も2014年まで、ユナイテッドの最終ラインに君臨し、レジェンドの一人となるのは、ご存じの通りです。

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

写真:英国史上最高金額で加入したリオ

 

さらに、アカデミー出身のブラウンとオシェイが急成長を遂げたシーズンでもありました。二人ともにCBもSBもこなせるユーティリティー・プレーヤーですが、特にオシェイはシーズン・トータル42試合に出場。ガリー・ネビルを押しのけて右SBに入ることも多く、チームの主軸として活躍し、評価を上げたシーズンでした。

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

写真:ユーティリティーに活躍したオシェイ

 

ディフェンスの戦術面では、中盤でバランスを取る試合が増えました。例えば、中盤センターにバットとキーンを並べたり、キーンとフィル・ネビルを並べたりと、守備的な中盤で臨むこともあり、フィルターを重視したのもこのシーズンの特徴です。

3-2 オフェンス

“アタック”こそユナイテッドの魂ですが、このシーズンはエンジンが掛かるのに時間が掛かりました。しかし、中盤戦以降、エース、ファン・ニステルローイが覚醒。全コンペティションで44ゴールを上げる大活躍を見せました。オフェンスのポイントをまとめると

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

写真:エースとして大活躍したルート

 

ファン・ニステルローイの覚醒
セカンドトップ スコールズ 20G
スールシャール 9G10A(プレミア)
ギグス 8G9A 36試合出場(プレミア)
シルベストル 6A(プレミア)

の5つです。

そのファン・ニステルローイとコンビを組んだスコールズは、持ち前のシュートセンスをいかんなく発揮。キャリア・ハイの20Gを記録。しかし、その世界屈指の中盤での展開力を欠くことになったので、スコールズのセカンド・トップ起用はこのシーズンだけのものになりました。

スールシャールは、ストライカーですが、このシーズンは10アシストと、アシスト能力が開花しています。のちに、右WGで出場することも増えていきますが、このシーズンがきっかけになっています。

ギグスもこのシーズンは、リーグ戦38試合中、36試合でプレーしています。それまで、怪我で離脱することが多かったギグスですが、ヨガを取り入れた成果が出て、このシーズンはとても充実したシーズンとなりました。

戦術面では、やはり当時のユナイテッドの代名詞であるサイドアタックですね。特に、左SBのシルベストルはキャリア・ハイの6アシストを記録していますが、ギグスがインナーレーンを使い、大外をシルベストルがオーバーラップして、低めの速いクロスを上げ、ルートがゴール前で合わせる形が良く見られました。

f:id:masachesterutd:20200415214656p:plain

ベッカムも、ややクロスの精度が落ちていましたが、ルートとの息はピッタリ。9アシストを記録し、チームに貢献しました。

 

戦術部門の評価は
85点/100点

 

です。

前半戦のオフェンスの迫力不足がマイナス要素です。

👿まとめ

02-03シーズンをまとめると

 

①ラインナップ・フォーメーション …90点
②シーズン・スタッツ…80点
③タクティクス…85点
合計 255点/300点

 

最強かどうかは分かりませんが、私が見てきた中ではかなり魅力的なチームでした。

ベッカムの退団により、92年組ラストシーズンとなった事もあり、とても思い入れのあるシーズンです。

いかがだったでしょうか?

評価には個人差があると思いますが、当時を見ていた方も、見てなかった方も、参考にしていただけるとうれしいです!

次回Vol2はそのうちやります。(笑)

次はどのシーズンか、お楽しみに!

最後まで読んで頂きありがとうございます。気に入っていただければSNS等で拡散していただけると嬉しいです!

 

*この記事は2020年3月にnoteで公開しました。

 


 

プライバシーポリシー お問い合わせ