マンチェスター・ユナイテッド大学

マンチェスターユナイテッドのコラムやマッチレポート、移籍情報など。【赤い悪魔】の魅力をお伝えします!

マンチェスターユナイテッド大学

【選手名鑑】セルヒオ・ロメロ No.22【マンチェスター・ユナイテッド】

スポンサーリンク

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

こんにちはMasaユナイテッドです。

 

今回はユナイテッドのNo.22 最強のセカンド・キーパー

セルヒオ・ロメロ

を紹介します!

以下項目です。

①プロフィール

選手名:セルヒオ・ロメロ
生年月日:1987年2月22日
国籍:アルゼンチン
身長:192cm
ポジション:GK
背番号:22
チームキャリア:ラシン・クラブ(05-06~)→AZ(07-08~)→サンプドリア(11-12~)→モナコ(13-14~*ローン移籍)→サンプドリア(14-15~*ローンバック)→ユナイテッド(15-16~)
利き足:右
契約終了年:2021年6月30日 

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

アルゼンチンのミシオネス州ベルナルド・デ・イリゴジェン市出身のセルヒオ・ロメロ。サッカーを始めたのは9歳の時。クラブ・アルミランテ・ブラウンというクラブでした。2003年、15歳の時に名門ラシン・クラブのユースに加入。2007年にプロ・デビューを果たします。6月に開催されたFIFA U-20ワールドカップに代表GKとして全試合スタメンで出場し優勝を飾ります。その活躍がファン・ハール監督の目に留まり07-08シーズンにオランダのAZアルクマールに移籍します。

翌08-09シーズンにはスタメンに定着。リーグ戦28試合に出場、18試合のクリーンシートを記録。チームを28年振りのリーグ優勝に導きました。オランダには10-11シーズンまで在籍し、トータル112試合48のクリーンシートをマークしています。11-12シーズンには当時セリエBサンプドリアに移籍。29試合に出場し、リーグ6位ながらプレーオフで勝利し翌シーズンのセリエA昇格に貢献しました。

12-13シーズンにはセリエAで32試合10のクリーン・シートを記録。13-14シーズンにはモナコにレンタル移籍しますが14-15シーズンに戻ったサンプドリアではヴィヴィアーノの控えという立場に。

2015年7月にはフリー・トランスファーの3年契約でユナイテッドに加入します。そして当時の監督はルイス・ファン・ハールでした。ユナイテッドではこれまで(2020年7月10日現在)59試合に出場し26失点38のクリーンシートを記録しています。

②プレースタイル

2-1.ストロング・ポイント

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

2014年ブラジル・ワールドカップの準決勝アルゼンチン対オランダ戦で、アルゼンチンのゴールマウスを守ったのはロメロでした。この試合PK戦にもつれますが、スナイデルロン・フラールPK2本を止めてアルゼンチンを決勝の舞台に導いたのはロメロです。ちなみにこの時のオランダ代表を率いていたのがファン・ハール監督でもあります。

シュートストップとビルドアップに貢献できる足元の技術には定評があります。さらにロメロはフィジカルの強さも持っています。プレミアではわずかに7試合にしか出場していませんが、ファン・ハールがロメロをユナイテッドに連れてきたのはこのフィジカルの強さがあったためです。

そして何より評価されるのが、正ゴールキーパーになる実力がありながらセカンドの地位でも全く文句を言わずカップ戦など与えられた出場チャンスはしっかり仕事をするところではないでしょうか?

2-2.ウィーク・ポイント

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

キーパーとしての能力の高いロメロですが、集中が切れる瞬間もあるように思います。バックパスの処理に手間取ったり、そこまで厳しくないコースのシュートも反応が一瞬遅れたりすることもあります。実際サンプドリア時代はポカもたまにあったという記事も見ました。モナコへレンタルされたのはこの辺りに原因があるようです。

ユナイテッドでロメロが出場する試合は、カップ戦など格下との対戦が多いこともあり、それほど被シュート数も多くない上に精度も低いことが多いので致命傷には至っていませんが、「危なっ!」て思う事は何度かありましたね(笑)。それでも出場した試合の安定感は素晴らしいので不満はないです。

2-3.課題

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

2017年、ロメロがユナイテッドにやってきた当時はデ・ヘアのレアル移籍事件があった時で、不透明なキーパー問題のリスクヘッジとしてロメロはフリーでユナイテッドにやってきました。本人がどういうつもりでユナイテッドに加入したのかはわかりませんが、当時はNo.1キーパーの実力があるロメロの獲得は少々意外だった記憶があります。

デ・ヘアがいる限りロメロがユナイテッドで正GKとなる可能性はまずありません。今の待遇に不満があるのかはわかりませんが、見ている感じでは非常にプロフェッショナルな態度を示してくれています。

問題は2021年6月で切れる契約をどうするのかでしょう。来シーズン、もしヘンダーソンをレンタルで出さないのであれば、ロメロは退団が濃厚になります。逆に再度ヘンダーソンをレンタルに出すなら契約を満了する事になると思います。いずれにせよロメロがセカンドでいてくれることで、ユナイテッドのゴールキーパー陣は欧州屈指のレベルを示しています。感謝しかないですね。

③エピソード

・ロメロと言えば、通常より長いショーツを着用することで有名ですが、これに関してロメロは「キーパーショーツにはこだわりがあります。私の中でショーツはバスケットボール・ショーツと同じように膝より下である必要があるんです。足が覆われているのが好きなんです。」と語っています。なおこんな長さのショーツは作っていないので、ロメロは2枚のショーツを奥さんに縫い合わせて作ってもらっているそうです(笑)。

・16-17シーズンのヨーロッパ・リーグ勝を果たしたユナイテッドですが、ELでゴールマウスを守ったのはロメロでした。このシーズン全コンペティションで18試合に出場。14勝負けなし、12のクリーンシート、6失点の好成績で優勝に大きく貢献しています。

[http://

:title]

・ロメロは2020年1月、愛車のランボルギーニガヤルドが大破する事故を起こしています。キャリントンの練習場近くで母親と2人の子供が乗ったボクソール・アストラと接触したようで、ロメロのランボリギーニはガードレール下に入り込む形で止まりましたが、奇跡的に怪我人は出ませんでした。

www.manchestereveningnews.co.uk

・13-14シーズン。サンプドリアからモナコにレンタル移籍していたロメロですが、そこで当時17歳のマルシャルと出会っています。2015年ユナイテッドにやってきたロメロは、マタやデ・ヘア、エレーラなどに「モナコに凄い才能の子供がいる。その内みんな話題にするだろう。」と話していたようで、「当時17歳ぐらいでしたが、すぐに才能に気付きました。トレーニングでは驚かされてばかりでした。」とマルシャルについて語っています。

・ロメロの弟、ディエゴ・ロメロはプロのバスケット・ボール選手です。現在はアルゼンチンのジンナシア・インディオというチームでプレーしています。身長は207cm!ロメロは4人兄弟だそうで、他2人も194cmと195cmで、192cmのロメロが一番小さいそうです。

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

・ロメロにはとびきり素敵なエピソードがあります。それは上でも書いたブラジル・ワールドカップのオランダ戦のPKでの話。ロン・フラールが蹴る前にロメロはじっと1枚のメモを見つめています。それにはオランダの選手の「クセ」が書いてあったと思いきや、奥さんのエリアナ・グエルシオさんがロメロに送った手紙だったそうです。

エリアナさんは「あの紙は、彼と知り合った2008年の北京五輪直前に、優勝できますようにって私が書いた手紙なの。彼はその手紙を大事に持っていてくれて、大きな大会や試合では肌身離さず持っているのよ」と語っており、オリンピックよりも大きなワールドカップの舞台でPKを止める原動力となりました。そして勝利した後ロメロは左手の薬指にキスをし、奥さんにメッセージを送っています。

www.soccer-king.jp

 ・その奥さんのエリアナさんはロメロの10歳上ですが、2008年アルゼンチンのナイトクラブで知り合ってから7ヶ月で結婚しています。2人には3人の娘さんがいます。

[http://

:embed:cite]

 ・ロメロはユナイテッドでこれまで57試合に出場しクリーンシートを36試合達成しています。クリーンシート率は63.2%。これは歴代のユナイテッドのゴールキーパーの中(3試合以上出場した選手)で最も高い数字だそうです。ちなみに19-20シーズンは15試合に出場し、セーブ率86.2%、クリーンシート率73.3%を記録しています。

👿まとめ

いかがでしたか?

 

 正ゴールキーパーの実力がありながら長年セカンド・キーパーとしてチームに貢献してくれているロメロ。2017年に契約延長にサインした際も「世界最大のクラブに所属したくない選手なんていない」と言っており、ユナイテッドというクラブにコミットしている様子が伺えます。

1つしかポジションのないGKは、チーム内序列がハッキリしてしまうため、モチベーションやコンディションの維持がとても難しいですが、その点ロメロはプロフェッショナルで、最強のセカンド・キーパーと呼ばれる所以ですね。

これからも出番は限られますが、出場した試合では是非ロメロの活躍もチェックして下さい!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

プライバシーポリシー お問い合わせ